東京都特区で混合介護解禁か!?

皆様おはようございます。

理学療法士の阿部洋輔です。

先日、混合介護のニュースがありました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-12-14-39-50

混合介護が東京都の特区で解禁される!?

リンク:小池都知事「混合介護」を都内で解禁、国に働きかけへ

東京特区推進共同事務局で行われる第一弾が「混合介護」になるようです。

2016年11月10日に小池都知事は

・ニチイケアセンターしろかね(港区)

・特別養護老人ホーム新とみ(中央区)

を視察されたそうです。

小池都知事といえば、今は豊洲とオリンピックの話ばかりがフォーカスされてしまうので

こういう取り組みもやっているということを確認できて都民として良かったです。

混合介護にはこのようなガイドラインが出されています。

リンク:保険外サービス活用ガイドブック

関連記事:混合介護について考える

混合介護の推進は、介護保険を含む社会保障費の増大を食い止める一面もあります。

質の担保や細かい法令の整備などはあるでしょうが、これが国の既定路線です。

そして介護保険は3年ごとにどんどん進化してきています。

今のままのサービス、今のままのシステムで続けていけるものではありません。

ついに、都内でもいろんな動き出します。

情報収集して日々精進です!!

 

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです