セルフマネジメントのために、「意志力」と「やり抜く力」を向上させたい

皆様おはようございます。

理学療法士の阿部洋輔です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-20-35-16

子供に使おうと思っていたつもりが、自分に返ってくるという・・。

父親の読書あるある。

「意志力の科学」と「やり抜く力」を読んで、子供より私自身のセルフマネジメントを

もっと頑張ろうと決意したところです(笑)

意志力の科学

WILLPOWER 意志力の科学

意志力の科学 本文より

・意志力は筋力と同じように使いすぎると疲労するが、時間をかけて訓練すれば強化できる

・自己コントロール能力が高かった子供は成人してからの肥満率低く、歯の状態も良く身体的な健康状態がよかった。

・意志力の量には限りがあり、それは使うことで消耗する。

・すべての種類の行動に用いられる意志力の出所は一つである。

これらのことなどを生かして・・・

・十分な睡眠時間

・自分の周りの環境整備

このへんは改めていく必要ありますね。

自己コントロール能力が高い人は

意志力を緊急事態を乗り切るためではなく。

学校や職場で役立つ習慣を作るために使っている。

やり抜く力

やり抜く力――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

なかなか人生には一発逆転はなくて

コツコツコツコツ・・。

来る日も来る日も地道に続ける。

このへんの「やり抜く力 GRIT」が重要なんですね。

才能があってもやり抜く力が強いとは限らない。

だったら凡人は一先ずやり抜こうとしなければ、

箸にも棒にもかからなくなってしまいます・・。

来る日も来る日も「今日頑張ろう!」と気合いを入れていこう。

ということで・・

子供に活かす前に自分で実践しよう、セルフマネジメント。

・十分な睡眠時間

・身の周りの環境設定

・毎日の小さい決意

知行合一目指して、日々精進ですね。

 

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 3Kといわれる介護業界で楽しく働くヒントを発信すべく【介護業界で働く理学療法士のブログ】運営。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 3Kといわれる介護業界で楽しく働くヒントを発信すべく【介護業界で働く理学療法士のブログ】運営。