HONDA歩行アシスト体験してきました!

先日、ホンダ歩行アシストの製品体験会に参加させて頂きました。

基本的には、歩行アシストの説明を聞き、

その後、装着→アシスト体験→外す。

百聞は一見に如かず。

関連記事:ホンダ歩行アシストとサイバーダインHAL比較〜ガイアの夜明けを見て〜

関連記事:歩行支援ロボットを導入している医療機関一覧〜平成28年5月1日付日本経済新聞より〜

スポンサーリンク


もう何より装着時間が短い。

30秒でつけて、10秒ではずす。

そんなイメージ。

細かい機能は、ネットの情報で確認していただくとして。

リンク:ホンダ歩行アシスト

何万回だって同じ精度で介助ができる

セラピスト的視点で細かくいくと、屈曲・伸展トルクとかいろんな話になるのでしょうが・・・。

ちょっと細かいことは置いておいて、

同じ精度で歩行介助を何万回もできること

これがロボットの凄さです。

専門職の効率的配置だとか、いかに有効にセラピストを活用するか

ということが論点になっている昨今、このロボット技術も願ったり叶ったり。

関連記事:理学療法士の効率的配置とは?〜NHKスペシャル介護危機を見て〜

リハビリテーション業界・介護業界もAI時代に突入してきています。

いろんな技術が入ってきていますので、どうやるとうまく使うことができるか考えて日々精進です。

スポンサーリンク


 

 

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです