スマートメーターを利用した高齢者見守りサービス

皆様おはようございます。

理学療法士の阿部洋輔です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-6-42-09

電力自由化の本を読んでいたのですが、

かんたん解説!! 1時間でわかる 電力自由化 入門 (NextPublishing)

電力事業のIT化に重要となってくるのは

「スマートメーター」とのこと。

スマートメーターとは

スマートメーターは、毎月の検針業務の自動化やHEMS※等を通じた電気使用状況の見える化を可能にする電力量計です。スマートメーターの導入により、電気料金メニューの多様化や社会全体の省エネ化への寄与、電力供給における将来的な設備投資の抑制等が期待されており、当社サービス区域全てのお客さまへの設置を予定しています。

Home Energy Management System(住宅用エネルギー管理システム)

東京電力ホームページより引用)

今まで一ヶ月に1度だった検針が、30分に1度ペースでデータを取れることで

細かな部分までチェックが可能になるとのこと。

単純計算でも頻度は1500倍近くになります・・・。

すごいことです。

サービスが広がると予想される「高齢者見守りサービス」

今までどおりALSOKなどの見守りサービスは重要です。

リンク:ALSOKみまもりサポート

このようにいざという時に駆けつけてくれるスタッフや発信器のような機械での送受信。

しかし、このスマートメーターを利用した高齢者見守りシステムは

特段、初期設備の設置すら必要ありませんね・・。

まだまだ介護度自体は軽くても、独居生活に心配を感じる

ご家族には、とても選択しやすいサービスになり得ますね。

そしてこれからはAIの時代・・・

これかからはもっともっと抜本的にAI技術などが介護分野に投入されてきます。

サービスもどんどん変わってくるでしょうね。

The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです