理学療法士 阿部洋輔のブログ

保健医療学修士。介護保険領域のリハビリテーション専門職として役立つ情報を発信するサイトです。

地域密着型通所介護における運営推進会議

   


皆様おはようございます。

理学療法士の阿部洋輔です。

デイサービスにおける運営推進会議についてまとめました。

スクリーンショット 2016-08-11 3.41.49

地域密着型通所介護の誕生

平成28年4月より、小規模型通所介護という括りがなくなり。

多くの施設が、新たに「地域密着型通所介護」に移行しました。

今までの都道府県管轄であったものが、市区町村管轄に変更されました。

地域に根ざしてサービスを提供するという目的から

「運営推進会議」なるものを開催する必要があります。

これはもともと地域密着型サービスに分類されるサービスでは

行われていたことです。

運営推進会議とは

「運営推進会議」とは、「指定地域密着型サービスの事業の人員等に関する基準等を定める条例」

及び「指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員等に関する基準等を定める条例」の規定

に基づき、地域密着型サービス事業者が自ら設置するもので、利用者の家族や地域住民の代表者等に、

提供しているサー ビス内容を明らかにすることでサービスの質を確保し、

地域との連携を図ることを目的としています。

引用「横須賀市:地域密着型サービス運営推進会議開催の手引き」

リンク:横須賀市:地域密着型サービス運営推進会議開催の手引き

リンク:南河内広域事務室:地域密着型通所介護における「運営推進会議」について

頻度としては、6か月に1回程度が目安で年に2回以上行う。

などなど、基本のルールは一緒なのですが、実際の運用に関しては

自治体ごとにルールが定められています。

いわゆるローカルルールというものが存在しますから

このようにネットで書かれているから、私の事業者もOKだ!

という訳ではありません。

若干(いや、かなり・・?)の違いありますから、必ず市区町村への問い合わせが必要です。

いろんなところで、よく参考例として示されるのが

リンク:認知症グループホームにおける運営推進会議ガイドブック

これもチェックですね。

面倒くさい・・・と言わず・・・

私のように地域密着型通所介護で働かれている方にとって

「運営推進会議」は新しい仕事。

そして義務として、やらなければいけない仕事。

これをどう捉えるか・・・。

せっかくですから、地域の皆さんに発信できるチャンスとして取り組んで行きましょう。

やりたくても、やりたくなくても、開催しなければならないのですから(笑)

本当にいろんな調整能力などが必要だと痛感させられます!

関連記事:厚労省が考える地域密着型デイサービスの位置付け


 - デイサービス

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です