Kindle Unlimitedから考える大手の一撃!〜ルール変更には敏感に!〜

   


皆様おはようございます。

理学療法士の阿部洋輔です。

スクリーンショット 2016-08-05 5.54.47

Kindle Unlimitedスタート

Kindle Unlimitedが発表されて早速利用しております。

Kindle持ちにはとてつもなく素晴らしいサービスです。

現在私自身が利用している定額サービスは・・・

・Apple Music

Kindle Unlimited

2つともに月額980円のサービス。

両方ともに、限られた範囲(とは言っても聞ききれない音楽、読み切れない本)ですが

コスパを考えるともうとてつもなくありがたい存在です。

(常日頃の問題として、買った本の整理整頓をどうするかということが

ありましたので、最近はKindle上でバカスカ本を購入していたわけです。)

Kindle Unlimitedが広まると・・

今回のKindle Unlimitedに関しては、

出版業界やアフィリエイトなどの仕組みが一気に変わるのではとされています。

Amazonが何か仕掛けるということはそれだけの影響力があるということ。

いちユーザーとして利便性が非常に高まる思われます・・・が

裏側にはそういったこともあるのですね。

色んなところにある定額制モデルは日常的だが・・

健康産業としてみれば、よくあるフィットネスの利用料も月額いくら。

24時間オープンのフィットネスジムももちろん月額いくら。

介護保険においても、要支援の方の利用料金が月額いくらという形態があります。

ようやく出版業界も追いついてきたということでしょうか?

Amazonがルールを書き換えることで、良くも悪くもこれだけの影響力があるということです。

どの業界も最大手の動き方などには目を光らせておかないといけませんね。

気づいたら、「ルールが180°変わっていた」なんてこともないとは限りません。

最近は介護業界でもMAが加速しています。

関連記事:介護業界M&A進む〜ALSOK・ウイズネット・やまねメディカル〜

あの大手の〇〇が介護に?何てこともありえるかもしれません。

そのくらいドラスティックな変化が起きてもおかしくない時代です。

いろんな情報に触れる意味でも、Kindle Unlimited使ってみましょー。

 

 

 

 

 


 - 働き方 ,