内向型を強みにするを読んで〜内向型理学療法士の生存戦略〜

大人数の集まりが苦手な理学療法士の阿部(@yousuke0228)です。

スポンサーリンク




私は内向型の理学療法士

仕事以外では、1対1〜少人数の集まりでないと、足を運ぶこともできません(笑)

まあコミュニケーションを必要とする対人援助職(理学療法士)でありながら、超社交的というわけでもなく。

どちらかというとバックヤードで妄想するようなタイプの働き方を求める人間です。

自己診断のパイオニア的存在・ストレングスファインダーでもこんな結果⬇︎

内向きっ!!

やぎぺーさんからの救いの言葉

心の師匠・やぎぺーさんがこんなツイート。

そして、この本が紹介されていました。

やっぱり・・・・・内向型はマイノリティーだったか・・。

昔から、パーティー的なところや大人数の集まりってダメだった・・・(汗)

そして外交的・社交的に振舞える人をいつも尊敬してきました。

これからは、もっと明確に「内向型」の戦略で生きていこうと思えた、そんな本です。

同じ職業だって、外向型と内向型で戦略変わりますよね。

内向型理学療法士の生存戦略

  • クールな管理職として生きる
  • 組織の参謀として生きる
  • THE職人として生きる
  • 研究して論文を書く
  • ブログをコツコツ書く

などなど色んな方法があるでしょう。

もちろんその人自身の「強み」にフォーカスしている必要があります。

ということで・・・

もっともっと戦略を持って、もっともっと打算的に生きてやろうと思います!!

外見はこんな感じで暮らしてみよう(笑)

スポンサーリンク




The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです