デイサービス管理者が贈るマネジメントに悩みをもったら読みたいオススメ書籍3選

みなさんおはようございます。

介護業界で働く理学療法士の阿部(@yousuke0228)です。

スポンサーリンク


デイサービスの管理者をやるにあたって、またはやりながら学んでいく上で参考になった本の紹介です。

これは随時更新予定です。

なんせマネジメントは一生の課題ですから・・・。

デイサービス管理者の仕事とは?

一般的には・・

  • 施設全体のマネジメント
  • 対外的な対応

この2つだと思っています。(要するに広いんです・・・)

ですからチームリーダーになり、対外的な対応をする・・そんなイメージ。

マネジメント能力を向上させたいと思う方々には良い環境だと思います。

しかし、やりたくない人にとっては、ただ辛いだけ・・・。(そりゃそうだ)

もちろんやりたくてやっている人が全員ではないですから施設のマネジメント、要するにスタッフのマネジメントなどに悩む方が多いです。

私が考える仕事

私もメチャクチャ悩んでおりますが、デイサービス管理者7年目になりました・・・(汗)

私自身はグレーゾーンの対応だと思っています。

マニュアルでこう決まっているので、こうです・・・。

という伝えかたでいいのなら、ある意味管理者はいらない。

対応の方法がわからなかったり、いろんな問題があるからこそいるべきなのが管理者なハズ!

対応方法を伝えるときはこう動いてほしいではなくて、なぜこう動いてほしいのかを伝えることだと思います。

基本的にはグレーゾーンの対応なわけですから、理由を伝えていかないと自分自身も訳わからなくなります。

デイサービスの管理者に必要な資格とは?

実は

・・

・・

ありませんっ!!

管理者って簡単になれるんです。(常勤ならOK!)

資格も何も必要ありません。

まあもちろん実際は介護系の資格をもっている方が多いですが。

専ら(もっぱら)その職務に従事すれば良いのです。

常勤であれば、実際誰でもなれる・・・それが管理者。

ただ、施設にも経費ってのがありますので、管理者はいろんな資格と兼務ができるというルールを使って生活相談員・介護福祉士などの資格をもっている方が多いです。

私はデイサービス管理者×理学療法士ですので、同じ属性の方はぜひお声かけ頂けたらと思います。

なんせ、悩みを共有したいです(泣)

ということで

デイサービス管理者が贈るマネジメントに悩みをもった時に読みたいオススメ書籍3選

組織論

まず全体の組織ってなんだ?という方に

そもそも理学療法士をはじめとする国家資格取得者は「資格取得者」であることからも

一匹狼タイプも多いんです・・

だから純粋に並列にチームとして組織化された時に、結構居心地の悪さを感じる方もいます。

組織とはなんだ?という方にはこの本がオススメです。

組織とは?という話から、モチベーション・マネジメント・コンフリクトマネジメント(対立関係)などもコンパクトにまとまっています。

ハーバード流ボス養成講座

この本ではマネジャーは二律背反する事象について対応することが仕事とされています。

そんな時に求められているのは・・・

手腕(専門的な手腕、業務遂行の手腕、政治的な手腕)や人徳(他人があなたについてどう考えているか、仕事の取り組み方、言行一致の具合、感情コントロール)などが挙げられています。

あべ
じ・・・人徳!!?・・そんなもの1ミリもないって!

まさに知識だけではどうにもならない問題。

このように、知識だけではマネジャーになれるわけではないと知らされます。

辞令1枚でマネジャーになったとしても、周りのスタッフがはいはいっとついて来てくれるわけではないですね。

知識的にも人格的にも成長する機会と捉えましょう!

 

フィードバック入門

この本では業務とマネジメントの違いについて学べます。

中間管理職の仕事の難しさは、一言で言えば、「他者を通じて物事を成し遂げなければならない(Getting things done through others)」ということ。

もう少し別の言葉で言うならば、「仕事を任せても、放置せず、他者に成果をあげさせること」。

(フィードバック入門/中原淳氏)

この部分だけでも読む価値がありますね。

業務の達人からマネジメントの初心者になる体験は、専門職をやってきて管理者になったみなさんが感じた部分だと思います。

その辺りの悩みをきっちりと整理してくれています。

まとめ

ということで、専門職として学んできたこととは少し毛色が違う内容です。

ただ管理者になって悩むところはこういった部分が多いと思います。

ぜひ参考にしてみて下さい!

もちろん書籍で知識を入れれば解決というわけではなく、そのあとの実践が大事なことはいうまでもありません。

一緒に行動してきましょう!

スポンサーリンク


The following two tabs change content below.

阿部洋輔

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

理学療法士(保健医療学修士)。 弟に脳性麻痺という障害があったことがきっかけでリハビリ業界へ。 一般病院勤務→在宅リハ転職→26歳でデイサービス管理者を経て、社内の管理職。施設運営や労務管理で挫折・修羅場多数経験。 詳細なプロフィールはこちらです